マティスとルオー展

パナソニック汐留ミュージアムで開催されている マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密― に行ってきました。

マティスとルオー展


共に国立美術学校(エコール・デ・ボザール)で学び、その後、時代を代表する画家となったマティスとルオー。

その二人の手紙と、その時期の絵画作品を紹介した展覧会です



個人的偏見ですが(笑)、画家同士の関係というと、嫉妬渦巻く、暗~いイメージがあります

しかし、やりとりされた二人の手紙からは、尊敬の念に根差した友情が感じられて、ほっとしました。



恩師(ギュスターヴ・モロー)を同じくし、画家としてどちらも成功したからこそ、良い関係が続いたとも言えるかもしれませんが、普通は自己主張が激しい芸術家同士、ずっと良い関係を保てたのは奇跡!?


<備忘録>
 所要時間: 45分
 混雑具合: 普通  ※休日の午後(3月下旬)
 Myツボ度:  


(蛇足)
パナソニック汐留ミュージアムは小さなミュージアムなので、お出かけ先としてはちょっぴり物足りない…。

…そんな(私の様な)貧乏性の方には、ミュージアムから徒歩5、6分の距離にある浜離宮恩賜庭園に寄り道がオススメ

浜離宮恩賜庭園 菜の花畑

季節のお花(3月だと梅と菜の花)を訪ねるのも、ちょっぴり贅沢
関連記事
スポンサーサイト
ミュシャ展 | Home | 香川県東かがわ市(2017年)